極東ロシア旅行記 - 2 シベリア鉄道

前回の記事 : 極東ロシア旅行記 - 1 ウラジオストク

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125204510j:plain

なんともレトロなウラジオストク駅

ウラジオストクからハバロフスクへの移動は念願のシベリア鉄道で。

夜間の移動なので景色はあまり見れないけれど、寝台列車はなんだか妙にわくわくするのである。

f:id:kuehnelesschlaf:20191125205829j:plain

ユーラシア大陸にまたがるシベリア鉄道

ウラジオストクからモスクワまでを繋ぐシベリア鉄道は実に全長9,297km、世界一の長さを誇る鉄道である。横断するには丸一週間ほどかかるらしい。

f:id:kuehnelesschlaf:20191125213359j:plain

郵便も鉄道で運ばれてゆく

f:id:kuehnelesschlaf:20191125211202j:plain

モスクワとウラジオストクの観光名所が描かれたエントランスの天井画

f:id:kuehnelesschlaf:20191125211231j:plain f:id:kuehnelesschlaf:20191125211242j:plain

駅構内も古典的なロシア様式に則った可愛らしい雰囲気。

入り口では空港のように荷物検査があるが、鉄道利用者でなくとも入場可能。

展示物もあるので観光名所となっているようだ。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125212249j:plain

電光掲示板はロシア語表記のみ。

ハバロフスク…Хабаровскね!と、キリル文字を習得しておいたことが役に立つ。

几帳面と言われるドイツ人が誇るドイツ鉄道ではしれっと出発ホームを予告なしに変更したりすることがままあるので、乗車するまではずっと緊張していた。

f:id:kuehnelesschlaf:20191125220041j:plain

キリル文字が読めればНиколай Александрович Романовがニコライ・ アレクサンドロヴィチ・ロマノフだということもわかる!Цесаревичはロシア皇太子を差すようだ。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125212911j:plain

無事やってきたОкеан-オケアン号

Океанは大洋の意。Oceanから類推できる単語である。

各号車の入り口で検札をしているので、チケットを見せて乗車する。

客室は2名利用の1等客室と4名利用の2等客室の2種類。知らない人と同室になるのはやはり怖いので1等客室を1室借り切りで利用した。

f:id:kuehnelesschlaf:20191125213459j:plain

1人利用ではあるが豪勢に2人分アメニティが用意されている。

入室すると車掌さんが翌日の朝食を聞きに来るのだが、これもどうやら2人分注文することができたような雰囲気…いやはやしかし、欲張らない…。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125214018j:plain

右の扉を開けると洗面所とトイレ、そしてなんとシャワーまでついている。

水圧は多少頼りないとは言え温度は一定に保たれ十分に使えるもので、期待していなかっただけに嬉しかった。

設備も清潔で申し分ない。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125214654j:plain

発車するとお土産を売りにきたので、まんまとこのUSBメモリを購入した。かわいい。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125214926j:plain

ソファを倒すとベットが現れる。

横幅も広く快適。2人利用の場合は上のベッドを引き出して2段ベットのようになるようだ。

f:id:kuehnelesschlaf:20191125215110j:plain

そしてベット脇の棚に積まれる謎のдиск = Disk

何枚もあってナンバリングされていたが番号は飛び飛び…何が収録されているのかは全然わからない。聴いてみるべきだったか。

外は真っ暗で何も見えず終着駅までとは言え寝過ごすのが不安だったので早めに消灯。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125220644j:plain

翌朝緊張感からか早めに目が覚めぼんやりしていると扉がノックされ朝食が運ばれてきた。

ご存知икра イクラにблины ブリヌイ(blini)である。おやつ気分で美味しい。

沿海地方なだけあってか魚はどこで食べてもおいしかった。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125221004j:plain

朝日差す車窓

車内は結構揺れるので写真を撮るのはかなり困難で早々に諦めてしまった。

延々と薄茶色く荒れた草地が続く。

 

f:id:kuehnelesschlaf:20191125221215j:plain

 

そうこうしているうちにアナウンスもなく物静かにハバロフスクに到着。

およそ12時間ほどの乗車だったがあっという間だった。寝台列車での移動は旅の時間を経験に変えるという点で有用に思う。

 

ハバロフスクでの滞在記はまた次の記事で。